炭酸水の作り方

 

炭酸水の作り方

最近、炭酸水を使った美容法が話題になっています。

炭酸水とは、水に炭酸ガスを含ませた水の事でこれに様々な添加物を加えたものが炭酸飲料水として幅広く販売されています。

炭酸水の主な効能としては、頭皮や肌に用いることで皮脂の汚れが取りやすくなり血行をよくする事でリンパの働きを活発にする効果もあります。

飲用水として用いた時の効果には、食欲を高める食欲増進効果、炭酸に含まれる重炭酸イオンによる疲労回復効果、炭酸ガスによる整腸作用、同じく重炭酸イオンによる血行促進効果等が期待できるようです。

だからといって炭酸水ではなく、コーラやサイダーなどの炭酸飲料水を同じように飲んでしまうと糖尿病になってしまう危険性が出てきてしまいますので、あくまでも使用するのは炭酸水に留めておきましょう。

この炭酸水は一般のスーパーなどでも手軽に購入できますが、自宅で作る事もできます。

炭酸水を作る時に必要なのは、水、重曹、クエン酸の3つ。
できれば500mlのペットボトルなどもあるといいかもしれません。

水は150ml〜200mlに対してクエン酸1グラム、重曹が1グラムの割合です。

炭酸水は、水に炭酸を加えただけのものですので味はありません。

何も添加物を加えずに少しでもおいしい炭酸水を作るためには、自宅にウォーターサーバーなどを導入してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーの水は通常の水道水に比べてミネラル成分が豊富な為、炭酸水を作る時の飲料水として使用するのには最適かもしれません。

作り方は、まず水を500mlのペットボトル等に入れます。
ペットボトルに水を入れたら、次にクエン酸を入れてよく混ぜます。

クエン酸が水によく溶けて混ざったら、次に重曹を入れていきます。

重曹を入れる時に注意して欲しいのが、重曹とクエン酸が合わさると一気に発泡する為ペットボトル以外の容器で行うと、場合によっては容器が破損してしまう危険がある事です。

使用する容器は、ペットボトルが一番ベストな選択かもしれません。
重曹を全て入れ終わったらよく混ぜて、炭酸水の完成です。