硬水と軟水について

 

硬水と軟水について

放射能問題や、健康ブームなどの流行により増えてきたウォーターサーバー業者。

ウォーターサーバー業者が提供している水には2つの種類があり、硬水と軟水に分かれています。

この2つの違いを知らずに利用してしまうと、小さいお子さんがいる家庭などはちょっと大変な事になってしまうかもしれません。

この硬水と軟水の違いは一体どこにあるのでしょうか?

硬水と軟水の大きな違いはミネラル分の違いがあります。

水に含まれている成分にはマグネシウムやカルシウム等がありますが、この2種類の成分が水1000ml中にどの位溶け出しているかを表す数値があります。

この数値の事を硬度と呼んでいるのですが、硬水と軟水の違いはこの硬度による差が大きいのです。

世界保健機関(WHO)の基準によりますと、水に含まれる成分のうち硬度が120mg以下のものを軟水・硬度が120mg以上のものを硬水と呼んでいるようです。

一般的な硬水と軟水の比較にはまた基準の違いがあり、一般的には100mg未満のものが軟水・100mg〜300mg未満のものを中硬水・300mg以上のものが硬水という基準になっているようです。

硬度の計算には国別の違いがあり、日本で軟水と呼ばれるものが必ずしも海外で軟水に当たるとは限らないという事ですね。

一般的に広く日本に広まっている水はほとんどが軟水で、硬水は一部地域を除きほとんどの地域では軟水で生活している人が大半です。

日本の中でも硬度が高い硬水の地域は埼玉県の三郷市や山梨県の山梨市など本当に極一部。

これは海外と日本とでは大地を形成する地殻物質の差から生まれるものだとされています。

日本国内におけるウォーターサーバー業者で、この硬度が高い硬水を取り扱っている業者は少なくMizの樹の室戸のエキス海洋深層水ですと、用途に応じて好みの硬度が選べるようです。

その他の業者で取り扱っている水はほとんどが硬度100mg以下の軟水を取り扱っていますので、硬度の高い硬水がお好みの場合にはMizの樹の室戸のエキス海洋深層水がオススメです。